切立鉢(5寸/約15cm)白・下焼き締め (10)
6031ed416e84d568cf5ea60d 6031ed416e84d568cf5ea60d 6031ed416e84d568cf5ea60d 6031ed416e84d568cf5ea60d 6031ed416e84d568cf5ea60d

切立鉢(5寸/約15cm)白・下焼き締め (10)

¥2,420 税込

送料についてはこちら

胴体より下部を無釉にしているのが特徴的な切立鉢。色は白。今回は登り窯で焼成していますので、外側の無釉部分に炎と燃えた薪の灰が当たり緋色が出ているものもあります。 切立鉢の中では柔らかな曲線で構成されており、全体的にやさしい印象を持っています。 5寸サイズは500㏄前後の容量があり、取り分け用のおかずの他にも、一人分のサラダや丼としても十分お使いいただけます。 ※白のお皿は吸水することで模様のようなものが浮かぶことがありますが、陶器の特性ですので不具合ではありません。また使い始めのうちは色の強い液体をいれると色が入りやすい場合がありますのでご注意ください。 ~history~ 昭和50年前後に、出西窯が石見地方に研修に出かけた際に見た「灰受け鉢」がその形状のモデルとなっています。 灰受鉢とは、擂鉢(すりばち)を焼く窯で、一番上の擂鉢が窯の灰の中で擂鉢の目が潰れないように(灰は釉化するため)、灰を受けるために置かれるうつわの事です。 窯道具としての小鉢の形が美しかったことから、倣って作り始めたと伝え聞いています。 下部を焼き締めのものにするようになったのは、中目黒のショップ「SML」によるオーダーから始まりました。 古いデザインが新しいショップの感性で新たなうつわとして新生して、現在もみなさまに愛されています。 【注意事項】 ※お使いのスマートフォン機種、PCのモニターによって、実物の色味と若干異なる場合がございます。ご了承ください。 ※天然素材を使用した手作り品の為、一つ一つサイズ・重さに若干の固体差があります。商品ページ記載のサイズは目安の寸法となります。 ※出西窯の陶器は陶土から釉薬にいたるまで天然素材を使用して、一つ一つを陶工の手で制作しております。同じ商品でも、形状が僅かに異なりますので、予めご了承下さい。 ※FAQの方でも製品について説明をおこなっております。そちらの方もぜひご参照ください。 https://shussai.net/faq ※使い方についてはこちらもご参考になさってください。 https://www.shussai.jp/product/howto/