出西窯 手ぬぐい
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

出西窯 手ぬぐい

¥1,320 税込

送料についてはこちら

  • (№1)<紫系>A柄 白地・藤色

  • (№2)<赤系>A柄 白地・臙脂色(えんじいろ)

  • (№3)<黄系>A柄 白地・芥子色(からしいろ)

  • (№4)<青系>A柄 白地・鉄紺色(てつこんいろ)

  • (№5)<青系>A柄 白地・海鼠釉(オリジナル色)

  • (№6)<青系>A柄 地染め・呉須釉(オリジナル色)

  • (№7)<赤系>A柄 地染め・登り窯(オリジナル色)

  • (№8)<緑系>A柄 地染め・柳葉色

  • (№9)<茶系>B柄 白地・璃寛茶(りかんちゃ)

  • (№10)<青系>B柄 白地・鉄紺色

  • (№11)<青系>B柄 白地・空色

  • (№12)<赤系>B柄 白地・臙脂色

出西窯の手ぬぐいは「注染(ちゅうせん)」という技法で染めています。 注染は、型紙で柄に合わせて糊をおき、染料を薬缶(やかん)で注いで、様々な柄模様を染め上げます。その工程から「注染」と呼ばれるようになったそうです。注染の色味は味わいのある柔らかな滲みが特徴で、手ぬぐいそれぞれに個性があります。 絵柄は2種類、芹沢銈介先生による『出西』の印と岩手の小田中耕一さんによる登り窯や陶器をモチーフとした型絵を用いて、デザインしています。 色は10色、日本の伝統色に加え、東京・神田の有限会社中むら 代表 中村 新さんが呉須釉、海鼠釉、登り窯の炎を注染ならではの色味で表現し、染め上げてくださいました。 《中村さんからのメッセージ》 自然な色の混じり合い、にじみ、ぼかし、手仕事から生まれる「味」を楽しんでいただけたら幸いです 手ぬぐいはくらしの中で様々な働きをします。出西窯の陶工の中には、頭に巻いて仕事をしている人もいます。ぜひお使いになる方それぞれに楽しんでお使いくださると幸いです。 《A柄 出西+型絵》  №1 <紫系>白地・藤色  №2 <赤系>白地・臙脂色  №3 <黄系>白地・芥子色  №4 <青系>白地・鉄紺色  №5 <青系>白地・海鼠釉(オリジナル色)  №6 <青系>地染め・呉須釉(オリジナル色)  №7 <赤系>地染め・登り窯(オリジナル色)  №8 <緑系>地染め・柳葉色 《B柄 出西》  №9 <茶系>白地・璃寛茶  №10 <青系>白地・鉄紺色  №11 <青系>白地・空色  №12 <赤系>白地・臙脂色 【お取扱いの注意】 手染めのため、若干の型ズレや、鮮明さは1枚1枚異なります。手作りの風合いとしてお楽しみください。水分を含むと色落ちや他のものに色移りすることがありますのでご使用前には手洗いいただくことをお勧めします。洗濯の際は他のものと分けて手洗いしてください。浸け置きや蛍光増白入り洗剤、タンブラー乾燥機のご使用は避けてください。 【発送について】 手ぬぐいのみご購入いただいた場合、レターパックプラスにてお送りします。<送料:520円> 恐れ入りますが、代引はご利用いただけませんので、ご了承ください。 なお、陶器と一緒にご注文いただいた場合には、同梱させていただき、陶器の送料を適用させていただきます。